firebase functions での環境変数設定

現在の環境変数の確認

環境変数は以下のコマンドで確認することができる。環境変数を利用するのであれば、プロジェクト毎に設定する必要がある。

$ firebase functions:config:get

変数のセット

ドットで区切ると、階層を持つ環境変数を作成することができる。

$ firebase functions:config:set env.name="prod"

変数の利用

const functions = require('firebase-functions');
const env = functions.config().env.name

if(env == "prod"){
  // code
}else{
  // code
}

変数の削除

xxxは削除したい変数名。

$ firebase functions:config:unset xxx